それぞれ特長が違う|ED治療薬を利用し、憎き勃起不全と戦っていきましょう!

それぞれ特長が違う

皿に入っている薬

種類が色々ありすぎて、ED治療薬の違いがよくわからない!
といった人に向けて、「三大ED治療薬」と呼ばれているED治療薬の紹介と、その違いについて詳しく触れていきたいと思います。

まず、世界で一番最初に登場したED治療薬で、今でも知名度ナンバーワンとなっているのが「バイアグラ」です。
バイアグラは即効性に優れており、そして有名なED治療薬なのでやはり愛用している方も多いです。
ED治療薬といえば、バイアグラを連想する人は間違いなく多いはずです。
知名度があるから効果が高いというわけではなく、その効果が高いからこそ知名度が高いのです。

そしてバイアグラの次に出てきたのが「レビトラ」というED治療薬になります。
レビトラは基本的にバイアグラと同じように即効性に優れた特徴を持っています。しかし、バイアグラよりもレビトラの方が即効性に優れていると言われています。
レビトラには「塩酸バルデナフィル水和物」といわれる成分が使われているのですが、この成分は水に溶けやすい性質があります。
そのため、体に吸収されるスピードも速く、服用してから20分くらいで勃起効果を感じることができます。

最後に紹介するのが「シアリス」というED治療薬になります。
レビトラに続いて出てきた3つ目のED治療薬ですが、こちらはバイアグラやレビトラとは大きく異なる性質を持ちます。
「タダラフィル」と呼ばれる成分で作られていて、即効性は他の2つよりも劣ります。
その代わりシアリスには「持続性」があるので、長時間長く効き目を感じることができるでしょう。
バイアグラとレビトラは作用時間が5時間〜くらいだといわれていますが、シアリスの場合はなんと「最低でも20時間以上」は持つといわれています。

このようにED治療薬とまとめていても、それぞれに違いがあるので、違いを理解して、自分に合うものを購入しましょう。